PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

久高島でイラブー汁を食す

イラブー汁。究極のシンジムン(煎じ物)。
山本彩香さんも「琉球料理の神髄」みたいなことを
書かれていて、ずっと気になってました。
でも、そんじょそこらで
気軽に食べられる料理じゃないのも事実。
もちろん、市場でイラブー買ってきて
自分で作れるワケもなし。^^;

それが今年の春に
久高島にいったときにありまして
「千載一遇のチャンス!」と食べてみました!

irabu1.jpg


じゃーん、イラブー汁定食1500円也。

irabu2.jpg


白濁したスープに浮いている黒いのが
イラブーさんです…。
(あまり、凝視しないように)
その他、昆布や豆腐、テビチも
どん!っと入っております。
みそ汁みたいな色だけど味噌は入っていない。
濃厚なおすまし仕立て。

どんなお味なのか
ドキドキしながら、スープを一口。


む!全然、生臭くない。
すごく上等なカツオ節でひいた、
これまたすごく濃厚なお出汁という感じです。
非常に綺麗な味で、正直おどろき!
香りも、上等な鰹の香りがします。
ほー、これがイラブー汁かあ。
美味しい。
(さすがに、イラブー本体は
食べる勇気がありませんでした…)

ふーふーと食べておりましたら、
だんだん体がポカポカしてきて
どっと汗がでてきました。3月なのに!
これが、滋養強壮のイラブー汁効果なのでしょうか。

やっぱり不思議な食べ物でした。
ごちそうさまでした~

irabu4.jpg


今回私がいただいたのは
港前の食堂「とくじん」。
意外とひろくて、小ぎれいな店でした。

沖縄そばや天ぷらなど
普通のメニューもありますのでご安心を(笑)。
でも、せっかく久高にきたら
一度はイラブーに挑戦してみてくださいね~



「食事処とくじん」

住所  :南城市知念字久高249-1
電話番号:098-948-2889

また食べたい度:★
ローカル度:★★★


banner_04.gif

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ

↑読んだら、ポチッ!と押していってくださるとうれしいです。
応援よろしくお願いします。(1PCから1日1回有効です。)



スポンサーサイト

| 食堂・軽食・カフェ | 08:45 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

あいやー!食べれんよ!うとぅるさ!

| 西郷どん | 2008/06/16 13:32 | URL |

>西郷どんさん

見た目はアレですが、味は美味いです。
元の形を想像しなければきっと大丈夫です(多分…)

| pujipuji7 | 2008/06/16 17:22 | URL |

イラブーって、う・海へびでしょ!!
ひょえ~!あきさみよ~!無理、無理です。
これだけは、ごめんなさい。m(_ _)m

| あみぱぱ | 2008/06/17 02:43 | URL |

>あみぱぱさん

ヒージャー汁は絶対無理ですけど、イラブーは大丈夫でしたよ。
琉球料理の最高峰と言われているくらいですから、とても美味しかったです。


| pujipuji7 | 2008/06/18 09:51 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://okinawanetacho.blog105.fc2.com/tb.php/189-62dcaf02

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。