PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

琉球料理乃山本彩香

那覇の「琉球料理乃山本彩香」。
沖縄で一番、いや、日本で一番美味しい
琉球料理を食べさせてくれるお店。

ayaka61.jpg

先月、久しぶり、
1年ぶりに行ってきました。

ayaka62.jpg

玄関を入り、名前を告げますと

ayaka66.jpg

いつものカウンターに通されました。
決してひろくはなく
新しくもないけれど
小ぎれいで、さっぱりとしていて
とても居心地のいい空間なんです。

席につくとまず出されるゴーヤーのジュース(夏のみ)

ayaka63.jpg

ゴーヤーのすりおろしに蜂蜜を合わせたもの。
ゴーヤーの香りとさっぱりした清涼感だけが
おいしく口のなかにひろがります。
全然にがくない。(不思議!)
暑い日も、この一杯でさっと汗がひいていく。
最高のおもてなしです。

このゴーヤーを飲み干すと
いよいよ、彩香さん渾身の
琉球料理のコースがスタートです!

ayaka64.jpg

まずは、有名な豆腐よう。
彩香さんの手作りです。

濃厚で、ねっとりと香ばしく
ほんの少し口に含むだけで
目が覚めるような強い味わい。
もう、これを食べたら
その辺で売っている豆腐ようなんて
口に出来なくなります。
もう次元のちがう美味さ。

豆腐ように合うのは
もちろん

ayaka65.jpg

泡盛。
この店では、「春雨カリー」1種類のみ。
麹の香りが高い春雨が、
やはり香りの高い豆腐ようとよく合うんですよね。
美味い。

ayaka68.jpg

氷も、こんな粋な器で出てきます。

ayaka71.jpg

この日のグラスは
赤い色が入った琉球グラスでした。
初めて見るデザインだな、と思っていたら
なんと彩香さんオリジナルデザインなんだそうな。
「赤いグラスってあんまりないでしょ?
だから作ってみたの。とってもいいでしょ?」だそうな。

豆腐ようと泡盛で
すっかり気分が盛り上がってきたところで
いよいよ前菜のお盆

ayaka67.jpg

・ミヌダル(豚肉に黒ごまを塗って蒸したもの)
・ターンムの素揚げ
・カステラかまぼこ
・ゴーヤーのワタの天ぷら

どれも、素材の味を生かしつつ
味付けもしっかりした
力強い料理です。美味しい。

ayaka73.jpg

この日のお造りはブダイ。
間には長命草の葉が1枚ずつはさまれていて
上には海草があしらわれている。
この店では醤油ではなく
特製の酢味噌でいただきます。

この刺身も、糸満の漁師さんから
その日にあがった魚の中から
最高のものだけを選んで送ってもらっているそうです。

もう、魚の旨味のみがきれいに抽出された
最高のお刺身。
(沖縄の魚って、こうやって食べると
本当に上品なんですよ!)

ayaka74.jpg

スーチキージシ。
一般的には「スーチカー」といいますね。
豚肉の塩漬けを焼いた物。
塩で十分に豚の旨味を引き出していて
酒のアテにちょうどいい。

ayaka69.jpg

ゆし豆腐。
ふわふわな自家製ゆし豆腐を
上品なカツオだしのスープでいただく料理。
上にたっぷりのったアーサが磯の香りを演出し
別皿で出される島唐辛子が
ピリッとアクセントを加えてくれます。

これまた、食堂のゆし豆腐(これも好きだけど)とは
まったく次元の違う美味さ。
シンプルなのに、ドン!とした
インパクトがあります。すごい満足感。

ayaka75.jpg

次は、ドゥルワカシー。
ねっとりしたターンムに
ゆでできざんだ豚肉、カマボコに、椎茸、野菜などが
加わった絶品料理。
もーーのすごく香ばしくて
旨味が重層的に絡まり合って、驚くほど美味しい!
こんなにうまいドゥルワカシーはほかでは食べられません。
どれだけの手間隙と愛情がかけられてるんだろう。
(これももう他の店では頼まなくなってしまった)

ayaka76.jpg

ミミガー。
島ニンジンと大根と合わせて
シークヮーサーでさっぱりと仕上げてある
これまた非常に上品なミミガー。
コースの中では
サラダ的な、ちょっと箸休め的な一品です。

そしてお次はいよいよ

ayaka77.jpg

絶品の味噌ラフテー。
コースのメイン料理といっていいでしょう。

こんなに力強いラフテーを
私は他の店でいただいたことがない。
旨味、におい、歯応え、重量感が
見事に引き出された固まりの豚肉に、
ジーマミーを練り込んだ濃厚な味噌が
ガチンコで勝負をいどんでいるような、そんな料理。

強いものと強いものを真っ正面からぶつけて
さらに力強さを倍増させたような
そんなパワーを感じるんです。
だから、たった二きれだけど
もう、ものすごい満足感!
「うわー、豚肉おいしー!」と
ノックアウトされてしまうのです。

ayaka78.jpg

ゴーヤーの白和え。
さっぱりと、お口直し、ですかね。
夏らしくて、さっぱりと美味しい。
味噌ラフテーでおなかいっぱい!になったはずなのに
これでまた食欲が出てくるから不思議です。

ayaka79.jpg

次は、ソーミンタシヤー。
(ソーミンチャンプルーではありませんよ)
ぽくぽくに炊かれたソーミンを
粟国の塩と
千切りの島らっきょうの辛みでいただく一品。
シンプルなのにこれがまた、美味いのよ~。

ayaka80.jpg

ジーマミー豆腐。
この店では、砂糖醤油ではなく
カツオダシのスープと合わせていただきます。

ジーマミー豆腐はあくまで
なめらかで風味がいい。
そしてなんといっても、スープが絶品!
かるくて雑味は一切ありません。旨味だけ!
上に乗ったしょうがが、
またいいアクセントになって
(おなかいっぱいなのに)
するっと頂けちゃうのです。

そして、最後のご飯が登場。

ayaka82.jpg

豚飯(トンファン)。
豚肉の炊き込ご飯に
カツオだしをかけて
お茶漬けのようにさらさらといただきます。
美味しいけど、なんとなくホッとする。
なんだろう、この安心感。

この日のデザートは

ayaka84.jpg

西国米(シークービー)のマンゴーソース。

ayaka86.jpg

タピオカが入ってます。
いつもは、黒糖のソースなんだけど
この日はマンゴーソースを試してみたんだそう。
はい、マンゴーの美味さ爆発!で
とっても美味しかった。

…以上が、今年の山本彩香の夏のコース(8000円)のあらましでした。


この日は、ちょっと遅めの時間に行って
ゆっくり食事をしていたら
他のお客さんはみんな帰ってしまって
なんと私が最後の客に。
ああ、美味しかったなあ、としみじみ余韻にひたっていたら
「ぷじ(仮名)さん、今日このあと、何かご予定あります?」

いえいえ、特にありませんけど? と答えたら

「今、しゃこ貝の豆腐よう漬けを作ってるんですけど
すっごく美味しくできたんです。
食べて行かれませんか?ご馳走しますよ」

えええーー! いいんですか!

というわけで、大変ラッキーなことに

ayaka88.jpg

しゃこ貝の豆腐よう漬けを食べさせて頂きました。

なんといっていいか。
あの豆腐ようをさらに濃厚にした
プレミアム~!リッチ~!な味。
シャコ貝の磯の香りとこれまた
奇跡のようなマリアージュ。うう、うまい、うますぎ。

ああ、ほんと
舌もおなかも心も大満足の
幸せな一夜となりました。

………
さて、もう様々なメディアで発表されていますが
山本彩香さんのお店は
この8月いっぱいでおしまいになります。

ayaka87.jpg

お店にも、新聞広告にのった手紙が張ってありました。

私も、8月いっぱいときいて
慌てて予約を入れて、運良く食事をすることができました。

やっぱり、最後ときいて
予約しようとした人がたくさんいたみたい。
この日ももちろん満席。

テレ朝の放送があった日なんて
お店の留守電に30件以上(!)も
予約の問い合わせが入っていたそうです。
もう、毎日満席で
とっても忙しいらしい。
でも、それも幸せなことですよね。

彩香さんに
「とうとう、閉店されるんですね」と言ったら
「今の営業だと、仕込みが大変。
毎日寝るのが夜2時を回ってしまうのよ。
私ももう75歳だから、体が大変でね…」

もう十分やってこられたのだから
これからは、ゆっくりしていただけたらな、と思う私でした。


ただ、あまりにも「続けて!」の声が多かったらしく
10月以降に
昼のみの営業でお店を再開されるそうです!

お店は小さなテーブルをいくつか置いて
カウンターはなし。
お茶と、軽い料理を楽しめる店にするんだそうです。
献立は今考えているそうですが
前菜のお盆(ミヌダルなど)とドゥルワカシーは入れたいとか。
(「ドゥルワカシーはうちの看板だから、外せないわね」とのこと)

彩香さんの料理を味わうチャンスがまだあるなんて
なんて幸せなんだろう。
私も今度はお昼に伺ってみようと思います。


「琉球料理乃山本彩香」

住所  :那覇市久米1-16-13
電話  :098-868-3456

また食べたい度:★★★
ローカル度:★


ランキングに参加中です。
1日1回「ぽち!」っと押して
ランキングを上げていってくださいね!
どうぞよろしくお願いします。
↓↓↓


人気ブログランキングへ←「沖縄情報ランキング」へ!

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ ←こちらもよろしく!

スポンサーサイト

| 居酒屋・ダイニング・酒処 | 07:03 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

名なお店ですよね。
いつか行ってみたいと思ってたのに
閉店するんですね、残念です。

| たぁまぁ | 2009/08/27 13:24 | URL | ≫ EDIT

>たぁまぁさん

はい、超有名店です。でも、有名だけでなく
ものすごーーーく美味しいです。
夜の営業はおしまいですけど
お昼の営業はされるのでこの機会に
一度いってみてはいかがですか?
ドウルワカシーだけでも、食べる価値あり!ですよ

| pujipuji7 | 2009/08/28 21:40 | URL |

こんにちは!
琉球グラス、懐かしいです!
昔、一時東京に住んでた頃、世田谷のパスタのお店でバイトしてたのですが、そこの店の方が沖縄の方で、グラスは全部手作りの琉球グラスでした。
そのグラスには赤い模様がなかったけど、琉球グラスって、『沖縄の海』をおもわせるグラスですよね。


| ノンノンチ | 2009/10/03 18:31 | URL |

>ノンノンチさん

こんにちは。コメントありがとうございます^^
琉球グラスはきれいですね。あの厚みとか手触りが独特で私もいくつか持っています。気泡も入っていて、本当に「沖縄の海」を思い出させてくれますよね。

| pujipuji7 | 2009/10/04 18:09 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://okinawanetacho.blog105.fc2.com/tb.php/633-7256e3db

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。