PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

つぼみ

近くの公園を散歩していたら

tsubomi1.jpg

桜のつぼみを見つけました。

東京の開花予想、来週なんですってねえ(知らなかったよ)
ついこないた年が明けたと思ってたら、
早いものですね~


ところで、
明日からいよいよ春の甲子園が始まりますね!
今年は、史上初めて
沖縄から2校が出場!
いつもの2倍、応援する機会ができるってことで
とっても楽しみです^^

特に、嘉手納。
私は中部に知り合いやなじみの店が多いので
勝手ながら思い入れが強く、がんばってほしいなー!
明日の試合、しっかり!応援しますよ~
(もちろん、興南もがんばれ~!)

--- 以下、毎日新聞から転載---

◇地元の星、明るく奔放に
 練習中、ごう音と共に上空を通過する戦闘機を指さして、真玉橋(まだんばし)元博監督(41)が苦笑する。「時々イライラしますよね」

 沖縄県中部、嘉手納町の8割超の面積を占める米空軍嘉手納基地から約500メートル。航空機の音で練習が中断することもある。しかし、真謝(まじゃ)博哉主将(2年)は「大きな音には慣れている。甲子園の大歓声の中でも集中力を保てる」と意に介さない。

 部員のほとんどが同町と隣の読谷村、沖縄市の出身。米軍基地を抱え、幼少期から基地内の学校と交流試合をするなど米国人と接点が多い。その影響か、「中部の子は気質が米国人に近い。型にはまらず、底抜けに明るい」と沖縄市出身の真玉橋監督。彼らの特性を「奔放なベースボール」で開花させた。

 極端なアッパー軌道でのフルスイングに、ジャンピングスローと、一見派手な「アメリカンスタイル」。しかし、プレーの基本は押さえている。嘉手納中時代に軟式の全国大会で優勝した池原有(2年)と真謝のバッテリーら、新3年生に好素材が多いことが、こうした野球を可能にした。彼らは、07年4月に赴任した真玉橋監督の「地元の高校で甲子園に行こう」という言葉に、心動かされた中学生たちだ。

 真謝は「こんな面白い野球はないし、町の人も喜んでくれる。甲子園では基地の騒音より大きな声で頑張りたい」。逆境を感じさせない明るさは、「嘉手納旋風」を予感させる。【倉岡一樹】=つづく

==============

 1984年創立の県立校で、町内唯一の高校。昨秋の九州大会で初出場、初優勝。甲子園出場は、春夏通して初めてとなる。レギュラーの平均身長は169.3センチ。

毎日新聞 2010年2月20日 東京朝刊


ランキングに参加中です。
1日1回「ぽち!」っと押して
順位を上げていってくださいね!
どうぞよろしくお願いします。
↓↓↓


人気ブログランキングへ←「沖縄情報ランキング」へ!

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ ←こちらもよろしく!


おきてがみ ←足跡も残していってくださいね。
スポンサーサイト

| その他 | 09:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://okinawanetacho.blog105.fc2.com/tb.php/839-c5dce614

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT