PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

琉球料理乃山本彩香

那覇・久米にある「琉球料理乃山本彩香」。
沖縄で本当に美味しいものを食べたいときは、
この店にくることにしている。

沖縄料理店は数々あれど、もう全くレベルが違う。
沖縄という枠も、沖縄料理という枠も超えて
今、日本で最も美味しい料理が食べられる料理店の1つ、
だと思う。

小さな店だし、週に4日しかやってないから
なかなか予約も取りにくいのであるが
その分、「その日」を何ヶ月も前から
楽しみに待ち続けられる。
そういう楽しみも与えてくれる希有な店。

去年は、勢い余って4回も通ってしまったのだが
今年は初めて。
半年ぶりであるので、
朝から楽しみでしかたがなかった。

ayaka14.jpg


メニューは、おまかせの1コースのみ。
定番の料理に、季節やその日の食材で
小さな変化が加わる。
ちなみに、料理は一人8000円、と
沖縄の料理店にしてはかなり高い。
でも、一度も「高すぎる」と思ったことはない。
東京で同じレベルを食べようとすると3万円くらい
とられてもおかしくないと思うからだ。

ayaka2.jpg


山本彩香といえば、この「豆腐よう」。
最初に出てくる。

他の豆腐ようとは、まったく味わいが違う。
ねっとりの濃厚で、香ばしい麹の香りが口中にひろがる。
はっきり言って、ここでこの豆腐ようを食べてしまうと
他の店ではもう食べられない。
ナンバーワンでオンリーワンのすごい豆腐よう。

ayaka5.jpg


前菜の「ミヌダル、ターンム、カステラかまぼこ」。
今回、初めてカステラかまぼこをいただいた。
ふわふわで、玉子の甘さがほんわり嬉しい。
最後に、魚の旨味がドン、と利いてくる。
美味しい。

ayaka6.jpg


ゆし豆腐。
アーサの磯の香りがすばらしい。
ちょこっと乗った梅肉が
さわやかなアクセントになっている。
食堂のゆし豆腐とは、全く違った(それも好きだけど)
非常に上品な一品。

ayaka7.jpg


アカジミーバイと長命草の酢みそ和え。
白身魚の旨味だけをきれいに抽出してある。

魚は、糸満の漁師から
その日のいいものだけを選んで仕入れているそう。
だから、糸満ハーリーやお盆で漁が休みだったり、
いい魚が全然とれなかった日は
お刺身がなかったりする。
(その分料金から差し引かれる。)
でも、それがかえって、
料理への誠意みたいなものが感じられて、
私は好きなんである。

ayaka8.jpg

イカの豆腐よう和え。
「今日はいいイカが入ったから」と特別に出てきた。
新鮮なイカと、豆腐ようの複雑な旨味があいまって
美味しいのなんの。
泡盛も進んで困る(笑)!

ayaka9.jpg


スーチキージシ。
これも、いつものコースにはない一皿だった。
(一般的には「スーチカー」というが、
彩香さんによると「スーチキージシ」というのが
本来の呼び方らしい。
シシというのは「豚肉」のこと。)

塩味がくっきり利いてパンチのあるスーチキージシ。
素朴だが、力強い。

ayaka10.jpg


ドゥルワカシー。
ターンムのほくほくした美味しさに
椎茸、カマボコ、茹でてほぐした豚肉などの
旨味が複雑に絡まり、
なんとも香ばしくて美味しい一皿。
どれだけの手間隙がかけられているのだろう。

ドゥルワカシーも、ここで食べてしまったら最後、
他の店ではもう食べられない。

ayaka11.jpg


ミミガーのごま和え。
赤と黄の2種類の地デークニー(ニンジン)の
シャキシャキ感と、
ミミガーのゼラチンの歯ごたえ。
ふたつの食感を楽しむ一皿だ。
シークワーサーでさっぱりと和えてあって
非常に爽やかで美味しい。
私はミミガーの臭さが気になって
ふだんはあまり食べないのであるが、
彩香さんのミミガーは全く臭みがない。

ayaka12.jpg


ビラガラマチ。
ネギ(沖縄では「ビラ」という)で
カマボコをまいて、酢みそをかけたもの。
箸休め的なシンプルな一皿なのだが、
きっちりと美味しいので、気が抜けない(笑)。

ayaka13.jpg


みそラフテー。
濃厚! 豚の強い旨味をガツンと頂く料理だ。
味噌には、ピーナッツも練り込まれており
コクと香ばしさが尋常ではない。
豚はもちろんアグー。肉自体に強い味わいがある。
強いもの同士をガチンコで合わせた、力強い料理。
たった二きれで、非常に高い満足感が得られる。

ayaka15.jpg


ソーミンタシヤー。
ポクポクに炊きあげたソーミンに
粟国の塩と島ラッキョウで味付けがしてある。
塩加減が絶妙。

水っぽさも脂っこさもまったくなく、
でんぷんの美味さだけが口にひろがってくる。

ayaka16.jpg


ジーマミー豆腐。
彩香さんのジーマミー豆腐は、
ショウガのきいたカツオだしでいただく。
上品で、洗練された逸品。

ayaka18.jpg


ayaka17.jpg


お食事は、イナムドゥチと宮古島の赤米のごはん。
イナムドゥチの、カツオダシの美味いこと!
見た目以上に、軽くてスッキリした味わい。
もう、すっかりお腹いっぱいなのに、
美味しいので、まだ食べてしまう(笑)。

ayaka19.jpg


〆は、西国米(シークービー)。
タピオカの黒糖風味。
これもショウガがピリリときいており
すっきり、さっぱりといただける。
言うまでもなく、大変美味しい。

今回の料理は以上。
最後に、サンピン茶と塩ちんすこうが出されて
お開きとなる。

「美味いねー」「ほんとに美味しいね」という言葉しか
発しない、非常に贅沢で幸せな時間だった。
何回きても飽きることなく、
初めての時とかわらない衝撃を受ける。
やはり、ものすごい店である。

さて、次はいつ行こうか。


この日は彩香さんが店にいらっしゃった。
ご本人はとっても気さくでお茶目な方。
共通の知り合いの話などで
久々に楽しくお話もできて、
なんともしあわせな一夜となった。

山本彩香さんは、この4月から1年間、
NHK「今日の料理」に出演されるそう。
初回は今回いただいた
「スーチキージシ」の作り方。
家庭でもあの味を再現できるとは。
これは必見である。



住所 那覇市久米1-16-13
電話 098-868-3456
営業時間 17:00~22:00
定休日 月・水・日曜日(要予約)

また食べたい度:★★★
ローカル度:★

banner_04.gif

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ

↑ポチポチッと押してって下さいませ。応援よろしくお願いします。(1PCから1日1回有効です。)

スポンサーサイト

| 居酒屋・ダイニング・酒処 | 12:15 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

凄いですね!出てくる料理を見るたびに「何これ?」
一口食べたら「オ~っ!」って叫んじゃいそうです。
至福のひと時でしょうね、羨ましいなぁ。

| あみぱぱ | 2008/03/23 00:23 | URL |

ん~、琉球懐石ですか?
食を楽しむには…・、イイですね。

ボリュームだけじゃないですから!

| アオ | 2008/03/23 02:13 | URL |

>あみぱぱさん

本当に「凄い」店ですよ。
至福のひとときです。

>アオさん

沖縄はB級グルメも楽しいけれど
こういう本格的な料理もすごいんです。
沖縄の食の世界は深いですよね。

| pujipuji7 | 2008/03/23 11:52 | URL |

こうして全メニューを拝見すると、あの満足感は口だけではなく量もあったのね(^^;と、あらためて気づかされました。
一品一品がゆっくり少しずつ目の前に置かれるのと夢中で食べているため、こんなに品数があったことに気がついていなかったんです自分。
4月、またこれが食べられるのかと思うと今から楽しみです~。

| 3猫 | 2008/03/24 12:56 | URL |

>3猫さん

そうそう、けっこう量もあるんですよね。
美味しいから、おなかいっぱいでも
全部食べてしまうんですけど。
…つーか、もったいなくて残せません!

| pujipuji7 | 2008/03/28 07:28 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://okinawanetacho.blog105.fc2.com/tb.php/99-338f1ed4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。